スペインに住むことになった理由③

スペインでの1ヵ月はまるでバラ色でした。

夏のスペインですから、物理的にそう見えるという事もあるかもしれませんが(笑)

見える景色のトーンが何倍も輝いて鮮やかに見えました。

所持金は30万円、何とかこの資金で3カ月住めたらいいな。神様からのご褒美の様な

このスペイン生活を思いっきり楽しもう!と思って過ごしました。


デッサンの学校では先生がスペイン語しか話せないので、スペイン語の勉強もするように

言われました。

デッサンの授業は月から金まで、9時から12時まで。

語学学校は超安い学校を探しました。

月から金まで、18時から19時まで1時間のレッスンです。


デッサンのクラスでも、スペイン語のクラスでも、スペイン人も別の国の人たちも

皆が私が話せなくても話せても、側にやってきて、仲良くしてくれました。

仲良くしてくれたというよりも、皆がどんどんすごい勢いで近づいてくれたような
感覚でした。

道を歩けば、おじいさんも、おばあさんも、若い人も、歩道からも、車に乗っている人まで、

皆が「こんにちは!」って挨拶してくれて、

横断歩道で信号を待っていると、誰かが、「自己紹介させてもらっていいですか?」

マックに座っていると。「お話させてもらっていいですか?」と

とにかく、信じられないくらい人が寄ってきました。

その後の2年間は普通だったので、この一時期だけ、アイドルになったような
注目度でした(笑)

今でも理由は分かりませんが、幸せすぎて、満面の笑みで歩いていたんだと思います(笑)

この時期の引き寄せ力はすさまじく、私が別人になってしまったのか?と思うほどでした。


一人も知り合いなんていなかったマドリードですが、どんどん友人が出来、

ホームシックなんて言葉を一度も感じないくらい、もしかしたら日本にいる時よりも

孤独と無縁の毎日でした。


そして、週末は毎日パーティーです。

人生の中で、こんなに遊びごとが盛りだくさんだったのは後にも先にも、

このスペインでの生活の時だけです(笑)


スペイン人は遊ぶために働いているんだなーと思いました。

1ヵ月のバカシオネス(夏休み)のために1年働いていますし、

週末遊ぶために、1週間を働いているという感じでした(笑)

パーティーは色々な名目で開かれました。

ハロウィン、ニューイヤーズイブ、お誕生日、昇進祝い、というのはもちろんですが、

引っ越すので、このアパートの最後の思い出に、引っ越したので新居のお披露目に、

アメリカから友人が遊びに来たので、帰るので、何にもないけど久しぶりなので。。。

と、ことあるごとにパーティーが開かれますし、友達の友達の知り合いとかいう関係でも

参加するので、何が何やら、誰が知り合いなのかも分からずに参加しているようなものも

ありますし、親しい友人だけが集まってのホームパーティーなんかも毎月のように

おこなわれました。

その他、今日は何もないからゆっくりできるなと夜お風呂に入っていると、

12時頃ピンポーンとチャイムが鳴り、出てみると、マリッサとイザベラが来て、

今から近所のハーゲンダッツにアイス食べに行くんだけど、一緒に行かない?なんて

お誘いがあったりして、


何だか今思うと信じられないくらいの毎日でした。


丁度3カ月くらいたったころ、とうとう所持金が1万円になりました。

そろそろ帰らなくては。流石に楽しい毎日もタイムリミットです。

それで、友達に「お金が1万円になっちゃったから、そろそろ日本に帰るよ」と言いました。

すると、友達が「え?働かないの?」と言ったので、

「え?働けるの?」と思いました。

働くという手段は今まで考えても見なかったので、まさかーそれは無理じゃない?と

思いましたが、試してみないで、決めつけるのはいけないね。と思い、

公衆電話で、電話帳に載っている日本食レストランへ順番に電話してみました。

案の定、「労働許可証は持ってますか?」と聞かれました。

海外で働くためには労働許可証が必要なのです。

ただ、労働許可証は働く場所を見つけ、雇用主が申請しないと発行されないものなのですが、

働く先を探すと、労働許可証を持っていないと働けませんと言われます。

卵が先か、鶏が先か?みたいな話になるのですが。。。


やっぱり駄目だよねー。と思ってかけ続け、最後のレストランのオーナーさんは女性で、

その人は労働許可証の事は聞かず、「あなた、スペイン語話せるの?」でした。

そっち?と驚きましたが、スペイン語も話せません。。。(汗)

「スペイン語話せないならレストランなんかで働けないじゃない!」と怒られました。

いやー、まったくです。申し訳ありません!と電話を切りそうになりましたが、

「でもね、免税店もあるから。」とそのオーナーさんは怒りながらも話を続けました。

「免税店は日本人のお客様相手だから、スペイン語話せなくても何とかなるわ、

まずちょっと来てみなさい。」と言われ、慌てて、お店に行きましたら、

「あなた面接に来たのに、履歴書も持ってこないなんて、どういうことなの!?」と

また怒られて、ええー面接だったの?と驚きましたが、

「いいわ。じゃあ、来週から来なさい」という事で、スペインで働くことが決まりました。

まさか、その後2年半もスペインで生活することになるなんて思いもしませんでしたが。


何でもやってみないと分からないものだな。っと思います(笑)


自分は自分のままでしたが、

世界も人生も、ニューライフ!というくらい全然変わってしまっていました(笑)


このスペインでの出来事はノルウェーでの1年があったからだと確かに思います。


人生って分からないものです(笑)



この後も色々ありましたが、またいつかの機会に。。。




a0292194_14161880.jpg


懐かしい!この通り。毎日歩きました(笑)

a0292194_1435064.jpg






長々お付き合いありがとうございました。

本当、長かったですね。。。自分でもびっくりだ。。。(汗)








[PR]
by solaogplanta | 2017-02-28 00:51 | スペイン

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28