不調の時は庭仕事に限ります(自分の場合)

毎年8月はあまり記憶がございません(笑)

海にも山にもいきませんし、函館のイベント、港まつりも参加しません。

私の1年のバイオリズム的に、8月が体調的に絶不調になりますため、

野生動物並みに、とにかく静かにじっとしている方式で、復活するのを待ちます(笑)


この時期、ハーブティーはよく飲みます。

胃腸の不調にはカモミール&ペパーミントが一番ですので、それか、

免疫アップで、エルダーフラワー&エキナセア&カモミール&ネトルというブレンドが

多いです。


そして、不調の時は庭仕事に限ります。

不調の時にパソコンなんかやったら、増々不調になってしまいますが、

庭に出て、ハーブの枯れた花を切ったりなんかしているうちに、

なぜだかスッキリしてくるのですよねー。

なぜでしょう?

真夏の炎天下の中なんかはしませんが(汗)

お盆を過ぎたあたりから、風が変わりますね。

お天気の日に、草むらの中に入って、黙々とやっていると、

気持ち良い風がサラサラ吹いて、心地よいです。


今日はヤローと、ミント、ラベンダーを集中的にお手入れしました。

気が付いたら、2時間半。


ラベンダーのお花を切っていると、甘くてやさしい香りに包まれるようで、

何だか心の緊張感がほぐれていくように感じます。

おお、ストレスがたまっていたのかな?と思います。

ラベンダーの香りを嗅いでホッと心が緩んでみて、緊張感があったことに気が付きました。

a0292194_16405296.jpg



ということは、ヤローとミント。。。

ミントは消化促進、腹部膨満感や食欲不振などの胃腸に効果的なハーブです。

ヤローも胃腸の不調、食欲不振や消化不良に対するトニック剤です。

ハーブティーではちょっと飲みにくい癖のあるヤローですが、こんな風にして

香りを嗅いだり、触れたりすることで、効果を取り入れようとしていることに
気が付きました。

ハーブは飲む、食べる以外でもこんな風に私たちを癒してくれます(笑)


以前、ハーブ教室の生徒さんも、わざわざ室内に飾って、香りを嗅ぐために

お花を切ったりしなくても、ハーブの周りの草むしりをしたり、

傷んだり、枯れた葉を切ったりしているだけでも良い香りがして、

ハーブのお世話をしているだけで十分ですね。とおっしゃっていました。


なぜか、特定のハーブのお世話をしたくなったり、お手入れをしていて、

すごく気分が良いなー。と思ったら、ハーブの本を開いてみて下さい。

そのハーブの効能が、丁度今の自分の体調にぴったりだったりするかもしれません(笑)


a0292194_16445931.jpg


このカゴに5杯分のお手入れ。

こちらのラベンダーオカムラサキも切りたいところでしたが、

a0292194_1648944.jpg


まだちょっと花がついていて、マルハナバチが一生懸命お仕事していたので、

もうちょい枯れてからにしようと思います。








[PR]
トラックバックURL : http://solaplanta.exblog.jp/tb/237593413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by solaogplanta | 2017-08-20 00:36 | ハーブ | Trackback | Comments(0)

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta