ローズマリー

今日お客様とローズマリーのお話をしたので。
a0292194_1531293.jpg

本州では外で普通に育てられるローズマリーも、函館では残念ながら冬越しできません。

なので、鉢植えで育てるわけなのですが、せっかく一生懸命やっても、冬の室内の乾燥で
だいたい2月くらいに枯らしてしまう人がほとんどです。

基本的にハーブは地植えされるのが大好きで、外の方がうまく育ちます。
だから、お庭があるなら何でも植えてしまった方がいいのですが、
寒さに弱いローズマリーは別です。

水はけのよい土で、出来たらテラコッタや素焼き鉢に植えてください。
風通しの良い、明るい窓辺で育てます。

本当は暖房のない、窓から光の入る室内があれば、すごく簡単に冬越しできるんですけど。
今のおうちは、玄関から廊下まで暖かなセントラルヒーティングのお家なので
中々苦労が入りますね。

乾燥対策はお肌のケアと同じ感じ。
冬、ローズマリーの気持ちとしては半分冬眠しているようなものなので、
根からのお水の吸い上げは弱まりますが、室内が乾燥していると葉からどんどん蒸発していきます。

乾燥対策に一生懸命根に水やりしても、かえって、べちゃべちゃしちゃって根腐れの原因に
乾燥は葉からの蒸発なので、葉に霧吹きでお水をこまめにあげるのがポイントです。




ローズマリー

学名 Rosmarinus officinalis
シソ科 常緑小低木

お花の色の違いから、匍匐性や立性など様々な種類がありますので、
春に色々な品種を実際に見て、香りを確かめて、お気に入りの株を見つけられると
いいと思います。

鉢なりに大きく育ちますので、結構大きめの鉢に植え替えてしまった方が管理は
楽です。春から秋までは外でも十分。寒くなる前に室内に入れてください。

お肉やお魚料理はもちろん、ジャガイモとの相性もいいですし、私はトマトソースを
作るときにも使いますし、ローズマリーのクッキーはバターのおもたさが半減されて
さわやかで大好きです。

お料理に欠かせないローズマリーですが、美容にも力を発揮します。
なんといっても、若返りのハーブとしても有名ですもんね。
[PR]
by solaogplanta | 2012-09-21 16:40 | ハーブ

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30