人気ブログランキング | 話題のタグを見る

オーガニックシード入荷

以前、IFEXでオーガニックシードを見つけてきた話をブログ
していましたが、

メーカーの方も忘れずにご連絡下さり、入荷してまいりました!!
オーガニックシード入荷_a0292194_16182188.jpg

トマトやナス、ニンジン、ブロッコリーなどのお野菜のタネと
バジルやイタリアンパセリ、ディル、ローズマリーなどのハーブのタネ

全部で26種類
オーガニックシード入荷_a0292194_1621164.jpg

袋も紙製の小ぶりでナチュラルな感じ!

もう、これから 世の中はオーガニックに動いていくと思っています。(勝手に!)
ヨーロッパに旅行に行くと毎回実感します。

年々、オーガニックのスーパーが増え、そのスーパーにあるものはお野菜はもちろん
オイルもワインも小麦粉もジャムもシャンプーも全部オーガニックのものです。
最近では普通のスーパーにもオーガニックのものと普通のものが並んでいて
どちらも選択できるようになっていました。

パリで毎週日曜日に開かれる、ビオマルシェ(オーガニック市場)のお野菜たちも
初めの頃は虫食いだらけの、はっきり言って、きれいではないお野菜たちで
「オーガニックだからしかたがないよね」という感じでしたが

2年ほど前に尋ねた時は「これ全部オーガニック!?」とびっくりするくらい
ピカピカ、ツルツルのお野菜になっていました。


私が函館に戻った時、父は農薬を普通に使っていました。
それが当たり前な感じで。

だから私も同じように畑仕事を教えてもらって、1年目はビギナーズラックなのか
どれも上手にできました。

2年目、農薬を使いたくないと思って、無しで同じようにやってみたら
見事に、虫に食べられました(笑)

大根の葉にびっちり固まって群がる毛虫が恐ろしかったです。
気持ち悪いので、葉っぱごとちぎって捨てていたら、葉が一枚もなくなってしまい
大根は大きく育ちませんでした(泣)

3年目も無しでがんばりました。気を付けていてもキュウリにうどんこ病が付いて
だんだん葉が真っ白になっていきます。
そのうち、弱って虫が付き、その虫の分泌物などからスス病が発生したり。

父が「なあー、ちょっとだけ薬使ってもいいんじゃないか?」と言いました。
私もちょっとそうしようかな?っと思ったりもしましたが、無しでいきました。

その頃が一番大変だった頃かもしれません。
やっぱり、薬を使わないと野菜って作れないのかも?と思ったりもしましたけれど

4年目、5年目と年を重ね、
あれ?そういえば無農薬でも大根の葉っぱが食べられるようになってる。と
ある時気が付きました。

もちろん、魔法のようにはいきません。
朝早く、父が大根の葉を裏返して、虫を見つけては取り
夕方、私が畑をのぞきに行って、虫を見つけては取り

最近では青虫でも毛虫でもナメクジでも素手で捕まえられるように
なってしまいましたし、アブラムシは素手でつぶせます(笑)
気持ちの悪い話でごめんなさい。

でも、一日中見張りなんかしなくても、もう普通に野菜作りが出来るように
なりました。

土自体が強くなってきたのもあると思います。無しなら無いでがんばれるように
なってきたというか。

お店の自家製ハーブ苗も7年前から無農薬で栽培しています。

そして、2年ほど前から一部のハーブはオーガニック苗の栽培も始めました。
パリでオーガニックのタネを見つけたのでうれしくなってチャレンジしたのですが

まったく売れませんでした(笑)

まだ、そんなにオーガニックの波は函館にはきていないのでしょうか?

いえいえ、生産者の方たちの意識はもうずいぶん動いているはずです。

私の周りでも、有機JASの認定を取った生産者さんたちが続々出ていますし
昔からバイオダイナミック農法で野菜作りをしている人もいます。

道南はずいぶん昔から変わったイタリア野菜などもたくさん作っていて
意識が結構高い方が多いのですよね。

少しずつ、このオーガニックが当たり前の世の中になるといいな。


タネは時期ですので、早速販売します!!
(タネは7月頃までは販売いたします。品切れになる場合もあり。ご了承下さい)

お店は準備中でごたごたしていますが、作業中は入れます。
営業日のカレンダーを確認の上お越しくださいね。
by solaogplanta | 2013-03-01 09:14 | 入荷情報

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29