人気ブログランキング | 話題のタグを見る

夏の切り戻し、注意点もあります

予想外に切り戻しについての反応が多いので、驚いています。


実はこの切り戻しについて、お客様にもいつもお話ししてきました。

「夏に思い切って切り戻しをすると、秋にはまたよくなって、霜が降りる頃まで
ずーっと咲きますよ。」って(笑)

だから、当然皆さんもやっていると思っていたのです。

ですが、今年アルバイトのSさんとの会話で「あれ?」ということがありました。

Sさんは草花系のお花が好きなのですが、今年初めて栄養系のペチュニアの
寄せ植えに挑戦しました。

ですから、始めはカットしながら大きくして、液肥はこまめにやって、
乱れてきたら切り戻しをして。。。っと色々アドバイスしていましたが、

7月の頭頃に「ペチュニアがなんとなく良くない」という相談を受け。
「じゃあ、そろそろ切り戻しだね。暑いから、調子が悪いのだから、ここらで思い切って
切り戻しをして休ませちゃって」と言ったら

「切り戻ししてます。もう2回くらいやって、また花咲くのですが、また悪くなるんです」と


ええ!?もう2回も切り戻し!?

私だって、切り戻しは年に1回かせいぜい2回です。それも夏に休ませる頃なので
7月か8月にやるのですが。。。Sさんはもう2回も?

しかも一度切戻しをかけたら、回復して、お花が咲くまで、最低でも1ヶ月、へたすると
1ヶ月半はかかるのに、この2ヶ月弱で2回も?計算が合いません!!

それで、聞いてみましたら、ちょっと上の方を切って、またすぐ花が咲くという感じだった
ようで、

「それは切り戻しではないよー。ただ切っただけでしょう?」

そこで、「切り戻しって、こんな風にするんだよ。」と見せましたら、

「えー、こんなに切るんですか?」と、やはり驚いておりました(笑)

その時、もしかして、切り戻しが皆さんにも伝わっていなかったのかも?
と思いました。


実は今まで、お花屋さんはお客様にキレイなものをお見せしなければいけない。と
思っていましたので、調子の悪くなったお花や伸びすぎたものは切り戻しをかけ

バックヤードに置いて、お世話をして、また良くなったら、お店に戻す。という手法を
とっていました(笑)そうすると、いつもきれいな状態をお見せできる。

この件で、「そっか、切戻したらどうなるか。が分かったら良いかもね」と思い
寄せ植えの切り戻しもお店に置くようにしてみました。

そうしたら、お客様が「こんなに短く切ってしまうんですね」と目をとめて下さって

百聞は一見にしかず。たくさんの説明より、見てもらえた方が伝わる。という事に
気が付いたわけです(笑)


さて、7月の頭頃に2回目の切り戻しをしたペチュニアの寄せ植え
(先日の写真では新芽が出てきたところをお見せしていましたが)

ハイ出来上がり!

夏の切り戻し、注意点もあります_a0292194_17421294.jpg


復活です。

ただ、これだけの切り戻しをかけるのは夏の1回か、せいぜい2回。

あんまりやると株がもたないことがあります。

真夏に休ませて、復活した後の切り戻しはやや控えめな感じでおこないます(笑)


メーカーから作られて来た見本鉢、3回目の切り戻しをかけましたが
死んでしまったようです(涙) やりすぎた。。。(苦笑)

夏の切り戻し、注意点もあります_a0292194_17475148.jpg


私ならこの鉢に1株というところ、3株も入っていました(驚)

さすがにギュウギュウですね。

3株も入っているので、すぐ大きくなって見栄えが良いのですが、すぐにへたってしまうのが
欠点です。

切り戻しのタイミング意外に、寄せ植えの環境も重要です。
by solaogplanta | 2014-08-12 10:49 | 園芸&栽培

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29