人気ブログランキング | 話題のタグを見る

昨年の穴

昨年父が掘った穴は満杯になりました。

昨年の穴_a0292194_019554.jpg


ここも、もちろん、人間の肩くらいまでの深さだったんですよ(笑)

最後は栗のイガだらけになって。。。


結構色々な方に穴の事を聞かれました。


植え替えた後の古い土は基本的に養分スカスカな土で、この古い土を使いまわし
していると、あんまり良いお花は咲きません。

やはり、毎年プランターや鉢の土は変えてあげた方が断然成長が良いです。
特に長く楽しみたい寄せ植えや、家庭菜園などは。。。

お客様に「今年のプランターの土、来年も使っても良いですか?」と聞かれるたびに
実はびっくりします。

「ええ!?1年トマトを育てて、土が来年使えるだけ残っているんですか?」と

トマトを育てて、終わった後に鉢をひっくり返したら、ほぼ根っこだらけで、土なんか
半分以下くらいになっています。

「そのくらい栄養分などを植物が吸収するんだなー。」
「鉢のほとんどが根っこになっちゃうんだなー。」と毎年感心してしまうのですが、


反対にあんまり成長しなかったものは根っこがあんまり張っていない。


秋になって鉢をひっくり返して、春と同じように土がフカフカしているものもあれば
ぎっちり固まってしまっているものもあります。

なんだか変な物体が出てくるものやジメジメしたものがあったりします。

その土の状態でなんとなくその植物の状態や、どんな成長具合だったのかが
理解できます。

鉢の中を見てみるとすごく色々な事が分かってきます。


すっごくきれいでフカフカな使い終わった土は 花壇に直接足してあげても良いと
思いますが、あんまり良い状態ではない土を花壇に足すのはちょっと躊躇します。

特に弱っているお花の植えてあった土は病気の菌がいたりして、せっかく良く咲いている
花壇のお花たちにも、悪影響を与えたりします。

そういう土を穴に入れるのです。落ち葉やお手入れした草と一緒に穴に入れておけば
そんな土も元気な土の中にいるミミズや微生物たちの活躍で、1、2年もすれば

すっかり良い土に蘇っているはずです。


これが穴に草や使い終わった土を入れる理由です。
by solaogplanta | 2014-10-21 09:17 | ライフ

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30