人気ブログランキング |

クリスマスイブにクリスマスローズの花芽

クリスマスイブ。

なんとなく良い響き。


先日、函館のベイエリアの大きなクリスマスツリーを友人と見に行って来たのですが

すっごいきれいでした。

丁度、吹雪の夜でしたので、細かい雪がかえって良い演出で
とっても幻想的で、クリスマスムードいっぱいでした。

わざわざ、カナダのハリファックス市から送ってだなんて。。。とチラッと思っていましたが

やっぱり、本物は良い!!

ステキ、ステキ!!  観光客の方々にもぜひ見にきていただきたいです。


さて、クリスマス。。。で、園芸家が連想しちゃうのは。。。

クリスマスローズ。


函館でお庭に植えている方はまだまだ。

雪の下で葉に守られてじっとしていると思うのですが、

鉢植えのクリスマスローズを寒くなる前に室内に取り込んでいました。


こちらは今花芽がついてきました。

a0292194_1051111.jpg


3つ。

このブリッとした感じなのが花芽です。

クリスマスローズの鉢植えは外に出しっぱなしで冬越しは結構厳しいです。

よっぽど大きな鉢でだと、まだ大丈夫なのかもしれませんが。。。


毎年、外に置いておいて、雪の下で結構上手く冬越しできるのですが
3月頃に雪が解けて、「やった!」と思って、花芽が付いているのも確認するのですが

その後、いらない雪が降ったり、急に寒くなって霜が降りたりすると
その1日で、花芽が傷んで、腐ってしまうことが多くて、がっかりします。というか、

自分にがっかりします。。。

「なぜ、あの時に室内に入れなかったのか!」と(笑)

今年の春先も嫌なめにあいましたので、今回はさっさと室内に取り込んでしまいました。

a0292194_1103730.jpg


a0292194_11050100.jpg


小さなポット苗のクリスマスローズたちにも花芽が。。。

なんとなく、新芽が伸びてくる。とか、花芽がつく。とか、芽が出る。とかって
良いものですよね。


特に冬の雪の毎日にはこのあおさが、とってもうれしいです。


地植えされているクリスマスローズはほぼ冬越しOKだと思います。

ただ、葉が多いほど安心です。

汚くなった硬い葉を秋に切ってしまうと、株元が丸見えで、花芽が雪や霜で傷みやすく
なってしまいますので、剪定はしないで冬越しをして下さい。

春、霜が降りなくなった頃に傷んだ葉を整理しに行きます。

黒く硬くなった汚い葉を「ありがとねー」と、その戦いぶりをねぎらいながら整理します。

そうすると、株元にびっしりと花芽がついていて、4月の終わり頃に
いっぱいのクリスマスローズのお花を楽しめます。

もし、葉が少なかったら、落ち葉かなんかをかけておくと良いと思います。
by solaogplanta | 2014-12-24 11:18 | お花

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31