人気ブログランキング | 話題のタグを見る

寄せ植え計画

ゴールデンウィークが終わり、

お店はすでに初夏のお花に切り替わっています。


バーベナやペチュニア系のお花がいっぱい。

あまり入荷時期に詳しくない新しいお客様は

見本用に作った寄せ植えのお花を指さしては
「これないんですか?」「これは?」とお尋ねになるのですが、

残念ながら春の草花系は4月に入荷してしまうので
この時期まで残っていることはあんまりないです(涙)

4月にマーガレット、オステオスペルマム、ローダンセマム、ビオラなんかで
寄せ植えされた方は今頃ちょうどよくなっているのではないでしょうか?

根付いたお花は株も大きくなって、お互いが良い感じに馴染んで、
新しい蕾がついてきて、

きっと6月頃までお花を楽しめると思います。

ですが、春のお花はきっと夏までは持たない。。。

ビオラなんかも6月にはビロビロ伸びてきてしまいますし。。。

寄せ植えを1鉢で1年中使いまわそうと考えると、かなり選択肢が限られて
しまいます。

私は3鉢を上手く使いまわして飾っています。

春用に大好きな草花系で寄せ植え4月~6月頃まで整えながら楽しみます。

この春のお花が一番最高な頃に初夏用の寄せ植えを作ります。

その苗が5月に勢ぞろいする、バーベナやペチュニアなどの
栄養系の苗です。

1株でこんもり。というやつ(笑)

5月にまだお花が咲いてない段階の苗を鉢に植えておきます。

大きくなるまでは土ばかりで見栄えはしませんので、裏の日当たりの良い
場所なんかに置いて、液肥を1週間に1度やりながら、株を育てます。

大きくなるまで花芽がついても、蕾を摘み取り、
茎が伸びてきたら、鉢の縁あたりで、剪定し、株がこんもりするまで
育てます。1ヶ月~1ヶ月半くらいすると、良い感じに広がって、お花がいっぱいに
なります。

丁度その頃、春の寄せ植えがなんとなくパッとしなくなるので、交代して、
春の寄せ植えは解体して、花壇に植えたり、使えるものは使って
新しい寄せ植えを作ったりします。

その初夏用のお花はこの5月中に用意されるといいです。

よく、「あら、まだ小さいのね。失敗するといやだから、もう少し大きくなったら
買うわ」と言って、

ポットの中でビロビロ伸びて、お花がいっぱい付いた苗をわざわざ買いに来る
お客様がいらっしゃいますが、

「あー残念!」と思います(涙)

小さなうちに植えておいた方が、余計な手間をかけずに大きく出来ますよ(笑)


そして、6月中には夏から秋の寄せ植え用のお花を買っておくことです。

「お花が全部ダメになっちゃって」と、8月にお花を探しに来られても。。。

うちも全然お花無いです(泣)


6月中なら、夏に強いお花や、秋遅くまで咲くお花なんかや
夏に涼しげな葉物やハーブ類もまだまだあるので、そんな感じで1鉢作って
置くと、秋になってからもお花を絶やさずにすみます。

初夏用のこんもり作った寄せ植えは、夏には1度思いっきりばっさりと
切り戻しをしておくと、秋またきれいに咲いて、霜が降りるまで頑張れますし、

春の寄せ植えに使った、マーガレットやオステオスペルマムなんかも
夏の間花壇で休ませておくと、秋にはまた良い株になっていますので、

その苗を上手く使いまわして、寄せ植えにしても良いですが、
私は1つのお花を1鉢にして、並べておきます。

そうしておくと、良い株になったお花を霜が降りる前に室内に入れて、
冬の11月、12月にブルーデージーやマーガレットのお花を
楽しむことも出来ますので(笑)

こんな具合にやってます。

そうすると、1年間とは言いませんが、4月から11月頃まで
お花を絶やさずにすみます。

寄せ植え計画_a0292194_228376.jpg


オステオスペルマムの八重咲きに、トリカラーセージやシルバータイムのハーブ

そして、見元ビオラを植えた春の寄せ植え。
by solaogplanta | 2015-05-11 09:06 | お花

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29