人気ブログランキング | 話題のタグを見る

同じお花でも色は微妙に違います

例えばアジサイのピンクアナベル、

同じピンクのアナベルですが、やっぱり株によってもお花の色は
若干違います。

微妙な色味なのですが。。。

また、植える場所によってもお花の色は変わります。


日陰に置いてるピンクのアナベルはこんな色で

同じお花でも色は微妙に違います_a0292194_16582357.jpg


南側に置いてるピンクのアナベルはこんな色

同じお花でも色は微妙に違います_a0292194_16585763.jpg


咲き始めや、咲き終わりも変化しますし、

どのタイミングで切り花にしたのかによっても違います。

同じお花でも色は微妙に違います_a0292194_1715168.jpg


そこのところが楽しみの一つでもあるのですが。。。(笑)


結構お花の色にこだわられる方がいらっしゃいます。

そうですよね。

お庭全体の調和や、テーマカラーなんかを決めてお庭づくりを
されていたりすると、ちょっとした色の違いもアンバランスにつながります。


よく、株はこちらの方が良いのですが、お花の色はこちらが好き。

これも、そのうちこんな風になりますか?

と聞かれたりするのですが。。。


いやー、ちょっと無理じゃないでしょうか?

それぞれの特徴ですので。。。

斑入りの葉っぱなんかも、緑の強いのや白の強いのが
あって、これからこんな風になりますか?って、よく聞かれます(笑)


そして、この色味が本当にその年の天候に左右されたり、

環境に影響を受けます。

同じ株でも、寒いと色が濃くなったり、暑いとボケた色になったり、

反対に品種によっては寒い時期はパッとしないけど、暑くなって太陽が
ガンガンになるほど色が濃くなったり。

長年、お花を見ていると分かるようになってくるのですが、


以前、お客様が「完璧なお庭づくりをしたいので、絶対失敗したく
ないんです。このバラはこのラベルのような色なんですか?」っと

お尋ねになって。。。。

本当に言葉に困りました。

完璧という言葉に自信がないたちなので、

「止めておいて下さい」と答えました。

完璧とは程遠いうちのお庭ですが。。。(笑)

適当に植えたのですが、ピンクのベロニカとブルーのゲラニウムが
すっごくマッチして、この空間が大好き。。。


同じお花でも色は微妙に違います_a0292194_17271086.jpg


そのうちゲラニウムは大きくなりすぎて、ベロニカはお花が終わるので

ほんの一瞬のハーモニーなのですが。。。

毎年、これを見るたびに癒されますー。


あれ?今日は何の話をしてたんでしたっけ?
by solaogplanta | 2015-07-13 09:30 | お花

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30