薬用バラのシャルルドミル

オールドローズの中でも、ガリカローズは昔から薬用バラとして活用されてきたバラです。

ガリカローズのシャルルドミルは花びらが多く重なり合う、濃いローズ色の大変美しいバラで、

観賞用としても非常に見ごたえがあります。

我が家の庭にもあちこちに植えております。

a0292194_213650100.jpg


a0292194_21374664.jpg


a0292194_21492018.jpg


どこに植えようか迷って、気が付いたらまたやってしまいました。。。(汗)

a0292194_21402350.jpg


ポットのまま置きっぱなしにしていて、そのまま根付いてしまったパターンです。

きちんと植えつけたバラより上手く育っています(笑)

もう1か所、ポットのまま根付いてしまったシャルルドミル。

a0292194_2145851.jpg


a0292194_14242545.jpg


こちらもポットが斜めになったままの不安定な形で、たくさんの蕾が。

シャルルドミルはオールドローズなので、一季咲きです。

丁度今時期に次々花が咲きだします。

このお花を1輪1輪摘んで回るのがお天気の良い日の日課です。

a0292194_14281698.jpg


雨の合間はやはり晴天でも厳しいです。

花びらが多いため、中に水分を含んでいて、乾燥には適しません。

タイミングの合わないお花はそのままパラパラ散ってしまいますので、
とても残念に思います。

a0292194_21572272.jpg


乾燥させる場合は花びらをバラバラにして。。。

一斉には花が咲きませんので、毎日タイミングを見ながら収穫、乾燥を繰り返して、

少しずつストックします。1年間は香りも色もきれいなまま活用できます。

秋にこのシャルルドミルでチンキを作って、化粧水を作ります。

a0292194_2274755.jpg


一つ一つ手間暇がかかりますが、こうやってお天気を見ながら収穫して、

タイミングよく乾燥して、瓶や道具を消毒して、チンキを作って。。。

という過程すべてが好きです。

そういうものがあっての、毎日使う化粧水の気持ちよさに繋がるではないかと思います。

どうしても、すべてのお花を上手にタイミングよく活用することが出来ませんので、

シャルルドミルは何株あっても、また1鉢増やしたくなってしまいます。

植える場所がまだ定まらないので、今年は一先ず鉢植え仕立てにしておきました。

a0292194_22204420.jpg


シャルルドミルはつるバラの様に長く仕立てることも出来ます。












[PR]
by solaogplanta | 2017-07-05 00:22 | バラ

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31