バラの鉢植え栽培

バラの長期の鉢植え栽培は やはり難しいものがあります。

私もお気に入りのイングリッシュローズなどは鉢植え栽培しているのですが、

庭植えのバラよりは寿命が短いです。

上手く育てるコツですが、鉢は毎年植え替えると良いです。

出来たら毎年1サイズ大きな鉢に植え替えてあげると、植え替えるたびに大きくなり

とてもよく成長します。

とてもよく成長し、新芽やシュートが伸びているうちは、虫も病気も付きにくく

鉢植え栽培は結構楽です。

水やりだけはしっかりやっていれば大丈夫です。

冬も戸外で冬越し出来ます。


我が家の初めて鉢植えにしたイングリッシュローズのグラハムトーマス。

a0292194_1973295.jpg


庭植えすれば伸びるバラですが、鉢植え仕立てでコンパクトに育てることも出来ます。

本当によく育って、たくさんお花が咲いて、お客様にもいつも褒められてきました。

毎年、一回り大きい鉢に植え替えるたびに、急に大きくなって、

病気も虫も一切付かないので、無農薬で育てていました。

これが私が個人的に栽培した最初のバラでしたので、

バラ栽培って、超!簡単!と思いました(笑)

そのグラハムトーマスも、とうとう植え替える鉢が無くなり、(大きすぎて)

3年同じ鉢のまま栽培することになりました。

日に日に花の数が少なくなり、うどん粉病がつくようになり、

冬には太い枝が折れて、3年くらいでダメになってしまいました。



グラハムトーマスの鉢植え栽培に気をよくしていた頃、

2本目に選んだのがフレンチローズのスヴニールドゥルイアマード。

a0292194_198464.jpg


(最盛期の時のお花)

素晴らしい香りに惹かれて、わざわざ他所で買って、手持ちで汽車に乗って連れ帰り、

鉢植えにしました。

毎年びっくりするほどブリブリのお花が咲きまくって、

物凄ーく可愛がっていたのですが、

こちらのスヴニールも鉢替えできなくなって、4年。。。

年々、弱っていく姿を見ながら、心を痛めておりましたが、

今年、もう枯れ枝寸前の株を庭に植える事にしました。


2か月間、まったく無反応で、流石に決断が遅かったかと思いました。

あと1年早く植えておけば。。。よかった。


ですが、夏頃、新芽が伸びているのを発見。

a0292194_18575220.jpg


a0292194_18585830.jpg


すぐに黒点病まみれになるのですが、生きている証拠です。

新芽がすぐに汚い葉になるのですが、

戦っているね。と思いながら毎日見ています。


そうしたら、最近花まで咲いてしまいました。

a0292194_16163411.jpg


a0292194_16164868.jpg


わはは。シャクヤクみたいなお花です。

最盛期とは全然違いますが、来年、もっと力をつけて、元気になるでしょうか?

がんばってー。と思っています(笑)



と、何が言いたかったといいますと、

鉢植え栽培は毎年鉢を変えていれば、上手に栽培できますが、

3年くらい鉢を変えることが出来なくなると、弱って枯れてしまいます。

それ以降は庭に地植えするか、寿命を受け入れて、新しいバラに植え替えていくと

良いかと思います。

私は地植えより、鉢植え栽培の方が簡単でよく育つ気がしますが

長い目で見ると、地植えのバラは年数と共に強く丈夫になって、見事になる気がします。




どちらも良いです(笑)










[PR]
by solaogplanta | 2017-09-27 00:06 | 園芸&栽培

お店のお庭で育てているハーブやお花についてや家庭菜園のことなど


by solaogplanta
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31